7IQ3k ハルタ-HARUTAな日々、その3 ガラス靴

ハルタ-HARUTAな日々、その3 ガラス靴

ガラス靴と言ってもシンデレラのガラスの靴ではありません。

皮革の種類で、ハルタ製品の多くに使用されています。

一番の特徴は、パッと見、エナメル靴に見える程の光沢です。

でも、名前の由来は、ガラスのような光沢が有るからではなく、「成牛」の革を鞣した後、ガラス板に貼り付けて乾燥させて作る作業工程からきています。

その後、塗料で着色され、さらに合成樹脂でコーティングされます。

どんな革でも、均一に、真っ平らで、ピカピカの皮革に仕上がります。


という訳で、ガラス靴の革質は、素人にはまったく解りません。


ここで、カウレザー(牛革)についておさらい?してみましょう。


A、カーフ:生後6ヶ月以内の仔牛の革


B、キッフ:生後6ヶ月以内~1年以内の牛の革


C、ステアハイド:生後3ヶ月~6ヶ月の間に去勢した、生後2年以上の牡牛の革


D、カウハイド:生後2年以上経ち、出産した牝牛の革


E、ブルハイド:生後3年以上経った、繁殖用の牡牛


上から順に価格が下がってきます。

ガラスレザーの材料は、殆どがDや E、硬く、シワの多い「成牛」です。

(ステアハイドレザーをガラス加工した高級品も稀に存在します。)


以上を踏まえて、ガラス靴のメリット、デメリットを説明します。


■メリット

当然価格が安い。

硬く丈夫なので、とても薄く削って使っても、型くずれしにくい。

樹脂加工の為、雨やホコリに強い。

シューケアが楽。


■デメリット

「それ、本皮?」と、よく聞かれます(笑)。

樹脂コーティングされている為、クリームや靴墨が浸透しない。

傷が目立ったり、中身(革質)に当たり外れがある。

ひび割れや塗装の剥がれが起きる。


メリットとデメリットは表裏一体です。

シューケアが楽な反面、ひび割れやキズが出来てしまうと、リペアが非常に難しい。

靴墨で消せるような傷も、そう簡単には補修出来ません。

学生が、安価なガラスローファーを履きつぶして、買い換えるのも納得です。


でも、本当に気に入ったガラス靴は、いつまでも愛用したい!

そう思ったら、試してみてね。


手入れのコツ


○当たりを引く!

 

○マメにブラッシングする。


○無駄かもと思いつつも、定期的に栄養クリームを塗る。


○歩き方、着座時の足の所作に気をつけて、とにかく傷を避ける。


○しっかり湿気を取る。


○外から見ても、カビや皮革の硬化を見つけにくいので、内部を注意深く手入れする。


おまけ

気をつけていたのに、キズがついてしまった(泣)


そんなあなたのために、軽いキズの直し方を写真にしました。(リスク有り)


① 薄い傷ですが、靴に光沢がある為、結構目立ちます。


② コンパウンド(研磨剤が入っていれば何でもOK)を綿棒で、傷に直角方向に軽く当てて擦ります。


③ ガラスがスリガラスの様な光沢の無い状態になるまで擦り、ブラシやクロスで綺麗にふき取ってから、靴墨を指で塗り込みます。


④ 程よく乾燥させた後に、ブラッシングし、シュークリームかシューワックスを塗って完了です。


完全には消えませんが、殆ど目立たなくなりました。


リスクとしては、樹脂を「削る」ため、ガシガシ擦ると塗装部分まで傷めてしまい、後が大変!

5回の閲覧

©2019 by PROTECTIVE HEALS. Proudly created with Wix.com